RAGEBLUE ブランド品専門の すしざんまい コラボソックス 新作からSALEアイテム等お得な商品満載 267038

RAGEBLUE【すしざんまい】コラボソックス/267038

550円 RAGEBLUE【すしざんまい】コラボソックス/267038 レッグウェア ソックス 靴下 /Centunculus454199.html,securitythunderbay.com,550円,レッグウェア , ソックス , 靴下,RAGEBLUE【すしざんまい】コラボソックス/267038 RAGEBLUE すしざんまい コラボソックス 新作からSALEアイテム等お得な商品満載 267038 /Centunculus454199.html,securitythunderbay.com,550円,レッグウェア , ソックス , 靴下,RAGEBLUE【すしざんまい】コラボソックス/267038 550円 RAGEBLUE【すしざんまい】コラボソックス/267038 レッグウェア ソックス 靴下 RAGEBLUE すしざんまい コラボソックス 新作からSALEアイテム等お得な商品満載 267038

550円

RAGEBLUE【すしざんまい】コラボソックス/267038







アイテム説明 サイズ
ーーー
【すしざんまい×RAGEBLUE】コラボアイテム

さりげない刺繍を施したソックス。
ベーシックなカラー展開で、どんなスタイリングにも合わせやすいのが魅力。
着こなしのアクセントとして、是非取り入れてみてください。
ーーー
■つきじ喜代村 すしざんまいについて
“お寿司と言えば、すしざんまい!”でお馴染みの本格江戸前寿司店。
2001(平成13)年4月、日本初の24時間・年中無休のすし店として築地場外市場に「すしざんまい本店」をオープン。
築地をはじめ、世界の漁場や産地から仕入れた新鮮で美味しい食材と値段を超えたその質、温かく活気に満ちた雰囲気が人気を呼び、行列の絶えない店として話題を呼びました。
その後も関東を中心に出店を続け、さらに福岡、北海道、大阪、熊本、名古屋、神戸、京都、仙台、鹿児島、広島と地方にも出店を拡大し、現在は56店舗をチェーン展開しています(2022年1月現在)。
店舗は、廻転寿司から200名以上の団体も収容できる大型店舗まで、ニーズに合わせて利用できる多様なスタイルの店を揃え、今後も日本各地に拡大していく予定です。

・TOKI
男女2人で活動する写真家デュオ。
アート、ファッションシーンでもファンが多く国内外から高評価を受けている。

・shogo ogoshi
1988年大阪生まれのイラストレーター。
”LIFE"をテーマに、情景、空気のあるイラストを制作。
近年はミュージシャンのマーチャンダイズにイラストを提供するなど、国内外、ジャンルを問わず活動中。

・T-図案
ロゴマークやタイポグラフィ作成の仕事から派生して、図案やパターンを版画で表現する作品制作をライフワークにしている。
原産国
CHINA
素材
綿60% ポリエステル38% ポリウレタン2%
特徴
  1. 無地
  2. ミドル・ひざ下丈
  3. ワンポイント
  4. 刺繍
関連カテゴリー
  1. レッグウェア
  2. ソックス/靴下
性別タイプ
メンズ
即日
即日配送可
送料
配送ごとに¥210
ギフト
ラッピング可
問い合わせ番号
63624667(ZOZO)
267038(店舗)
サイズ 高さ cm
FREE 17.5 25〜27
  • サイズガイド

RAGEBLUE【すしざんまい】コラボソックス/267038

スープ賢人 抱っこひも BELK. Fundy-Fundy(フンディ-・フンディ-) マツダアクセラ グッドムービングひざサポーター コアバランス機能商品 腰部サポートウェア rakunie(ラクニエ)
  • その時代の「人」が、安全、安心、快適、健康、便利を実感できるような生活環境の実現を目指して活動する一般社団法人です。

  • 会員等から人間生活工学に関連する研究テーマを募り、テーマごとに研究会を設置し、会員主体の活動を行っています。

  • 国等からの委託により、人間生活工学に関わる研究開発事業、調査研究事業を行っています。

  • 人間生活工学に基づく製品開発を支援するため、各種コンサルティングを行っています。

  • 人間生活工学を実践できる組織づくり、人づくりを支援するため、講座、セミナーなどを開催しています。

  • 当センターは、設立の趣旨に賛同して入会された、法人・個人の支援により運営されています。

人間生活工学とは、私たちの「安心・安全・快適・健康・便利」な生活を実現するための“ものづくり”の考え方と技術です。生活とは、家庭にとどまるものではなく、仕事、余暇、勉学など、人の営みすべてです。そして人間生活工学に基づくものづくりとは、作られる“もの”(製品やサービス)を、その使い手の視点において設計し、また“作るプロセス”(生産や物流などのシステム)を、そこに携わる人の視点において設計することです。人間生活工学の対象は製品やサービスのみならず、空間や環境、仕事や暮らしも含まれます。ものを生み出すメーカーはもとより、製品やサービスを生活者へ届ける流通、販売や、生活者自身のよりよい暮らし設計のためにも必要な技術です。